川越大正浪漫人 Romanbito

利剣堂 並木印工房 並木一浪漫人利剣堂 並木印工房 並木一

大正浪漫夢通りの中ほどにある『利剣堂 並木印工房』は、印鑑やゴム印、名刺、表札などを製作している店です。今回は、製作が行われている工房にお邪魔し、ご主人・並木一さんにお話しを伺いました。お隣にはゴム印作りを担当する息子の徹さんもご一緒に、和やかなインタビューとなりました。

工房に入っていくと、並木一さんはもくもくと印鑑を彫っていました。通称「ぼうず」と呼ばれる、“てるてる坊主”の頭のような丸い作業台の上で印材を左手で抑え、右手で印刀を自由に操り名前を刻んでいます。その時、左手の親指を支点にテコの原理を使って印刀を動かすため、支点となる部分には「刀」タコができています。

「最近は機械を使って作っているところがほとんど。作る機械が同じだと、同じ名前だったら全国でまったく同じ印鑑が出来てしまいます。その点、手彫りですと全て違うものになる。まねもされにくい、唯一無二の印鑑になります。私のように手で彫る人は、もう埼玉でも何人もいないと思いますよ。」

印鑑作りの道に入ってからすでに50年以上。ずっと手彫りによる印鑑を作っていましたが、バブルの絶頂期には手作業ではお客様の注文に応えきれず、一時機械を導入したこともあったそうです。現在は、一つ一つ手彫りで製作しています。

「昔から細かいことが好きだったんです。工作も好きでした。父親の店に入ったのも自然でしたね。仕事をはじめて50年以上が経ちますが、最近になって分かる技術もあるんですよ。ああ、こうすばいいんだと、たまにね。面白いものですね。」

印鑑の製作には、文字に関する深い知識が必要です。ただ彫れば良いという訳ではないのです。「印鑑にはいろいろな表情がありますね。字の形もとても重要ですよね?」と投げかけると、こう答えてくれました。

「実印などでは古印体(こいんたい)、篆書体(てんしょたい)、印相体(いんそうたい)などを使います。使い方の規則がありますので、それに従って彫るわけです。でも、今はほとんどが篆書体ですね。昔、中国で使われていた古い字体です。」

印材もいろいろな物が使われます。象牙、黒水牛、白水牛、柘(つげ)などが用いられ、なんとマンモス(!)の印材もあるそうです。

「やはり象牙が印材としては最高です。うちでは象牙の中心部分だけを使います。象牙は中心から周りに行けば行くほど質が落ちるんです。日本では、印章はその人そのものですから、いいものを長く使ってほしいと思います。」

半世紀も印鑑を作ってきた方を前に「たいへん失礼ですが・・・」と前置きして、「本当に細かい作業だと思うのですが、失敗されることはあるんですか?」と伺うと、嫌な顔一つせずこう答えてくれました。横で息子の徹さんが笑っています。

「たまにありますよ。それも急ぎのお客様のものだったりするんです!あともう少しだという時にね。多分そういう時って、一瞬ぼーっとしていたり、何も考えてないんだと思います。作り直しです。」

そして、これからの『利剣堂』にとってたいへん重要なことを話してくれました。白いひげをたくわえた並木さんの表情が一瞬緩みました。

「今、私の弟の息子が印章の学校に通っています。手彫りの勉強をしているんです。月に2回と回数は少ないのですが、宿題がいっぱい出ていますね。次の代にもこれで手彫りができますね。」

最後に、店頭に置かれているかわいいオリジナル商品のことが気になったので、説明していただきました。

「大正浪漫夢通りには観光の方も来られるので、オリジナル商品を作ったんです。一つはクリアネーム。女の子の名前のスタンプです。透明なアクリルの台に樹脂を付けました。もう一つは雅印。石に文字を彫ったもので、葉書、絵手紙、書道、絵画などに。雅印は地元の高校生もよく買ってくれます。」

インタビューの中で並木さんがふと言われた「印章はその人そのもの」というフレーズが強く印象に残りました。次に印鑑を作る時にはぜひお願いしてみたいと思います。並木さんはいつも工房にいて店に立つことはあまりないということですが、店頭では並木さんの弟さんとその息子さんが接客を担当しています。印鑑やゴム印、名刺、表札などのことは、『利剣堂 並木印工房』に相談してみてはいかがでしょうか。

利剣堂 並木印工房(写真は先代主人) http://rikendo.com/リストに戻る